「スプレッド」とはFX取引は二国間の通貨を売買の注文をして利益を生み出す取引です。売買の注文の価格は、二十四時間上がったり下がったりします。それが為替です。インターネットを見ていると、外貨のレートの情報が流れます。見かけるのが、「為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという事ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを示しています。別の言い方をすると、取引には、買値と売値の2つの値段が存在している事を表しています。売値のことをBID、買値のことをASKと表示しているFX取引会社も存在しています。普段は売値のほうが買値よりも低い値段に決められています。買値は高く、売値は安くなるのが一般的です。その差をスプレッドといい、FX業者の儲けのひとつといわれています。スプレッドの広さはFX取引会社によって変化します。スプレッドの差は自分にとって経費になるので小さいFX会社をピックアップするほうが有利になります。ただ、同じ会社でも場合によってスプレッド幅は変化します。仮にいつもは円とドルのペアで1銭のスプレッドの幅だとしても為替相場の変動が激しいときには広くなったりする場面があります。なので、スプレッドが狭いのと同じくらい、安定しているのが大事です。固定でスプレッドの狭さを見せるFX会社も多数あります。実際に取引会社の取引画面内で現実の為替レートを確かめなければ判断できないのでやっかいですが肝心な事です。多くの財産を預けてトレードするのですから現実の売買の前に、関心がある業者の新しい口座開設を積極的にして示されているスプレッドの幅をチェックしましょう。同じペアでも、その時間帯のマーケットの状況によって、通貨ペアのスプレッドの広さは異なることがあります。おおむね、銀行間取引市場で取引高が多い通貨ペアではスプレッド幅が狭く残りの通貨ではスプレッド幅が大きくなるのが普通です。